河崎純「コントラバス独奏と声によるコンサートーベース・バイオロジック・スペース」

地図を読み込んでいます...

日時
Date(s) - 2017/10/14
5:30 PM - 7:30 PM

開催場所
しばしば舎

カテゴリー



「音楽」のアンサンブルで低音パートを支えるコントラバスには、実は無限の音が潜んでいます。その大きさの分だけ多く含まれた「倍音」成分によってクジラの交信のような高音、オオカミの遠吠えのような音色、木のきしむ音…。羊の腸からできた弦を馬のしっぽの毛でできた弓で弾きます。胎児が母体で聴いている音の周波数にも近いそうです。一台の大きなコントラバス、耳を澄ませばそんな生物の記憶を聴くことができます。
 
第一部はコントラバスの響きと音色の中に入ってしまうように聞いていただければ。
 
第二部はコントラバスと人間の声。
ゲストによる朗読や歌をまじえながら。作曲家でもある河崎純はたくさんの言葉から歌や演劇の音楽をつくってきました。そんななかで生まれた曲を、コントラバスと声にアレンジして演奏します。パウル・ツェランやベルトルト・ブレヒトの詩に作曲した音楽の演奏も行います。声やまわりの音、記憶、カラダの部分にコントラバスの音を響かせながら、「チューニング」するように聴いていただければ。
 
言葉や暮らしの中にある物音は、コントラバスの音色を伴ったとき、新しい意味をもちはじめ、世界が少し違って見えてくるかもしれません。
 
 
出演:河崎純(演出・作曲・コントラバス  音楽詩劇研究所代表)
1975年生まれ。幼少から蕨市在住。演劇・ダンス・音楽劇を中心にこれまで80本以上の舞台作品の音楽監督、作曲、演奏を手掛ける。担当した主な作品は西川千麓『カミュ・クローデル』、Port B『ブレヒト演劇祭の約1時間20分』、静岡県舞台芸術センター(SPAC)『大人と子供によるハムレットマシーン』、江戸糸あやつり人形座『マダム・エドワルダ』など。
海外での演奏はポーランド、アメリカ、台湾、リトアニア、スコットランド、ロシア, フランス、スイス、ウクライナ、韓国、トルコ、エジプト、ハンガリー、ドイツ、リヒテンシュタイン,ブリヤート共和国、アルメニア等、多くの音楽、ダンス、演劇の国際フェスティバルで公演を行った。
参考URL:
 
日時:2017年10月14日(土)17:30開演(17:00開場)
料金:前売1,000円 当日1,300円
   +1ドリンクオーダー
定員:30名(要予約)
問い合わせ:しばしば舎(info@shibashibasha.com)

Bookings

現在、予約受付期間ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA