お茶と金花糖の会

地図を読み込んでいます...

日時
Date(s) - 2017/11/04
12:00 PM - 4:00 PM

開催場所
しばしば舎

カテゴリー


「お茶と金花糖の会」
江戸時代よりおめでたいお菓子として飾られてきた金花糖
段々と職人が少なくなり、東京で最後の金花糖職人が仕事をたたむ時、その型を譲り受けたのが浅草にある江戸和菓子屋「まんねんどう」。
その仕事を託され、守り続ける若社長は、金花糖作りや絵付けのワークショップを開くなど、積極的に日本文化の継承に努めております。
金花糖はその可愛らしさのみならず、お砂糖とお水だけしか使わずに作られたお菓子とは思えないほど美味しいのです。飾るだけでは勿体無い金花糖を、今回は美味しいお抹茶と共に思い切って食べる会を開きます。
お抹茶は、趣味では飽き足らずお茶を生業としてしまったSさんが、茶釜ご持参でお着物姿で丁寧にたててくれます
又、今回の為に、しばしば舎店員マッシュルーム吉松が新作のお抹茶茶碗を作りました。
是非、三位一体となった日本の文化に触れてみて下さい!
尚、今回の金花糖は、お野菜、お魚、招き猫となっております。
お持ち帰りにも対応させて頂きますので、是非お越し下さいませ。
尚、お抹茶+金花糖セットの料金、金花糖お持ち帰りの料金は只今擦り合わせ中ですので、当日発表させて頂きます
当日は店頭にて開催予定なので、この時間内は駐車場が使えなくなります。ご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA